アコムへ過払い金請求まとめ

アコムへ過払い金請求まとめ

アコムへ過払い金請求の弁護士・司法書士まとめ

昭和の中頃までは、お金を借りるには貸金業者へ出向いて融資を受けるのが当たり前の時代でした。しかし1993年にアコムが無人での自動契約機を設置することによって誰でも気軽にお金を借りることができるようになりました。審査も簡単で身分証明書を提示することで、学生・主婦・パート・アルバイトでも収入があればOKということで利用する人が年々増えていくようになりました。

 

一度借入をしてしまうと何度でも限度額までお金を引き出すことができますので、すぐに現金が必要な場合には便利な自動機として一度は、利用したことがあるという人は多いのではないでしょうか。そして同じようにプロミスやレイクなど続々と無人機が設置されるようになったようです。

 

そのために2010年に利息制限法の改正がされる前に融資を受けた人では過払い金が発生している場合があることが発覚しました。ここでは大手消費者金融業者でもあるアコムへ過払い金請求を考えている方のためにまとめてみました。

 

アコムへ過払い金請求の流れ

 

①アコムへ取引履歴を開示請求をします。
②1~2週間ほどで届きます。そうしたら引き直し計算により過払いとなる金額を確定します。
③過払い金をアコムへ返還請求をします。
④アコムからの提示された金額でOKとするのなら和解成立となります。しかし、納得ができなければ訴訟を起こしてもう一度話し合いが必要となります。
⑤最終的に金額が決まれば3ヵ月~6ヵ月の間に取り戻しができます。

 

現在のアコムでは大手ということもあり資金面でも十分あるということで、返還率は比較的に良いということになっているようです。しかし期限がまじかとなってくると請求が集中することで期間がかかってしまうことも予想されます。ですので早めの返還請求が必要となります。

 

過払い金請求では個人で手続きすることも可能ですが弁護士や司法書士に依頼することでメリットとなることもあります。

 

①個人で行うよりも過払い金返還率をあげることができます。通常では100%を取り戻すことは難しいことになりますが依頼することでそれに近い金額の返還を可能とすることができるようです。
②和解出来ない場合には訴訟となりますが専門にお願いすることで手続きなどや合意を得るまで責任をもって対処してくれます。
③適切な流れによって早くに過払い金を取り戻すことができます。

 

法律の専門家に依頼することで費用はかかりますが上記のようなメリットを考慮して個人で行うかを判断してみてはいかがでしょうか。


ホーム RSS購読 サイトマップ