自己破産手続きの流れ

自己破産手続きの流れ

自己破産手続きの流れ・手順

負債を抱えている人が自己破産を決断するということは相当、生活に困窮していることではないでしょうか。そして多重債務者となっているケースが多いようです。これまでにもこの選択をする状況になってはいたが、個人再生によって救われたという人もいるのではないでしょうか。

 

しかし最終的な判断として自己破産を選んだ人もいます。そのときには専門家に依頼することで任せることができますが、まず自身もこの方法を理解することが大事なことではないでしょうか。現在、債務整理を考えている方のために、ここでは自己破産手続きの流れをわかりやすく紹介します。

 

【自己破産とは?】

経済的に破綻しており支払い不能状態になっている人や法人が行うことができます。破産宣告、借金の免責を受けることによって今までの借金がなくなることとなります。債務整理のなかでも最終的手段として行う方法となりますので次はないものだと思って手続きをする必要があります。債務ゼロとなりますが失うものもあるということを覚悟しなければなりません。

 

【自己破産手続きの・手順】

①弁護士や司法書士に依頼するかを決めなくてはいけません。

 

②債務者(代理人)が地方裁判所へ破産の手続きの申し立てをすることで、免責手続きも同時に行うことになります。裁判所において本人または代理人を呼ぶことで審問をし、現在の借金の総額や生活状況の事実を調べ破産宣告されます。そして、破産者となります。しかしここではまだ、負債が免除となったわけではありません。免責の決定がされるまでは一定の職業や生活の制限をされることがあります。

 

③そのあとに裁判所によって、免責に値するかを判断します。この時に破産者に財産がほとんど残っていない場合には手続きが終了します。そして認められれば決定となり債務がなくなり新たな生活をスタートすることができます。しかしここで不許可事由に当てはまるときには却下され認められることがないようです。

 

④債務者に資産が残っている場合には管財人を選任して換価価値のあるものは債権者へと公平に分けられることになります。そして先ほどと同様に承認されれば、晴れて借金のない暮らしとなります。破産者での制限は免責が認められればほぼなくなります。しかし、金融機関の信用情報に関しての事故情報は5年~10年の間は消えることはありません。

 

【自己破産で差押え?】

財産がある場合には自己申告として資産のリストを提出します。ですので貸金業者が家のなかに入り込んで品物を持っていくことはありません。しかし不動産でもある土地や家などは競売へとかけられ失うことになります。その他には高級なブランド品など生活に必要でないと判断されるものも換価されます。現金では99万以下までは手元に残すことができますがそれ以上のお金は管財人へ渡さなければなりません。そして先ほども記載した通りにブラックリストに記載されてしまいますので信用もなくしてしまいます。

 

自己破産の費用は同時廃止か管財人が必要な場合とでは料金が変わります。そして弁護士または司法書士に依頼することで報酬金などの別途費用がかかってしまいます。しかしこの方法では手続きも複雑で一人で行うには、大変な時間と労力と知識が必要となるようです。精神的にもサポ-トしてくれますので早く借金苦から解放されたいと思っているのならまず相談をしてみましょう。そうすることで、もしかしたら破産者とならずに整理することができるかもしれません。あなたにあった債務整理の方法を的確にアドバイスしてくれることでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ