過去の借金でも過払い金発生してるかも?

過去の借金でも過払い金発生してるかも?

過去の借金でも過払い金請求できるかもよ?

最近ではラジオやテレビのコマーシャルでもよく目にする過払い金請求ですが実際に取り戻すことができるのか疑問に思っている人は多いのではないでしょうか。実際に2006年から請求されるようになり約3000億円の返還金を初め去年の2014年には約2700億円が戻ってきたという統計があります。

 

2017年中には請求の対象者は時効を迎えることになるようで最後の駆け込みとなり今もなお過払い金請求をしている人が増えています。そして過去の借金でも過払い金発生しているかも?と思っている方もいるのではないでしょうか。

 

いつからの借金が有効?

 

2010年6月に利息制限法の見直しがされ法改正されたのでそれ以前にさかのぼって借金をしたものが対象となります。改正されるまでにはグレーゾーン金利といって多くの金利を支払っていた人がかなりいたようです。その利息が負担となり債務を返済することができなくなり借金苦に陥る人が増えていったと言われています。

 

【利息制限法とは?】

 

金銭貸借上の利息の最高利率を規制したものを言います。金利の超過分は無効となるため払う必要はありません。
①元本が10万円未満 年20%
②10万円以上~100万円未満 年18%
④100万以上 年15%

 

【過払い金請求は法律の専門家に】

 

本人でも請求はできますが金融業者が有無を言わずに返金してくれるとは限りません。素人だと察して請求に応じなかったり少ない金額での支払いとなる場合もあります。そして応じないときには裁判での話し合いとなりますがそれには知識と労力やお金もかかります。ですので一番の早道は弁護士や司法書士に依頼することで解決することが早まります。

 

【過払い金請求でのメリット】

 

一番に良かったと実感できることはお金が手元に戻ってきたということではないでしょうか。その他では借金返済に困っており任意整理をしたところ過払い金が戻りそれで全額支払うことができ債務がなくなったというケースも多くあるようです。

 

過払い金請求する人はほとんどがお金に困っている方がするように思われがちですがそれだけではないようです。やはり支払わなくてもいいお金を払っていたのですから請求することは当然のことでもあります。もしかしたらと思っている人も本当に返金されることもあります。

 

一度相談することで今まで支払った借金の明細や領収証があればいくら戻るか計算することができます。証明するものがない場合には金融業者に『取引履歴』を請求することで送ってもらうことが可能となります。昔の借金だからこそ過払い金発生している可能性が大きいことにもなります。思いあたる方は一度診断してもらいましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ