仕事を辞めて、借金は王道ですね。

仕事を辞めて、借金は王道ですね。

仕事を辞めて(リストラ)、借金は王道ですね。

近年では49人に1人が失業者となっている状況となっているようです。病気や体の不調によって退職する人や上司との折り合いが悪く辞めてしまうこともあります。そして続けたくてもリストラの対象となり会社から離れなければならない人もいます。仕事を辞めてまさに借金の王道となるわけです。ここではその道に進む人と違う道へと行く人の違いを紹介します。

 

《無職となり借金の道へと・・・》

会社を辞めてからはしばらくの間は雇用保険などの受給での暮らしとなりますが今までの収入に比べれば少なく、ギリギリでの生活をしていた人には足りないぐらいとなるはずです。その場合、貯蓄を崩して補うケースが多くなってきています。しかしそれもいつまでも続くとは限りません。そうなると分かりきってはいますがどこかの貸金業者にお金を借りる生活が始まることになります。ここがこれから借金王道への一歩となるかそれとも王道である道を留まることができるかの別れ道ともなります。

 

働いて返済すればいいと安易な考えで借金を繰り返す人こそ、その道へと進んでいきます。まだ働き先も決まってもいないのに計画性のない借入をすることや返済のあてもないのに借金をしたりとするうちに滞ってしまうことが多重債務者に多く見られる原因となっています。いざ仕事を探していても今まで以上の給料をもらえるところはなかなか見つけることができずに負債だけが増える一方であせりと不安で夜もぐっすりと寝ることもできないようです。そうやって朝を迎えるという毎日を送るようになり精神的にも疲れ最終的には債務整理をするということにもなるようです。

 

《無職でも安全な道へ》

上記のように借金の王道へ進む人もいればそのところに留まり違う道へ進み安定した生活を送ることができる人もいます。なぜならばその人はお金を使うための計画性の大切さを知っているからとなります。仕事がなくなり収入が大幅にダウンすることは分かりきっています。貯金を崩しながら不足を補うのも同じですが留まることができたのは生活のレベルを下げることで我慢をして暮らすことができたことが一番の要因ではないでしょうか。

 

そしてすぐに仕事を探すことで万が一お金が足りなかったときには給料で返済できる範囲でしか借入をしないように心がけていました。地道ではありますがそのようなことをすることで債務に苦しむことなく暮らすことができたようです。

 

仕事を辞めたからといって必ずしも借金の王道へと進むとは限りません。しかし簡単な気持ちでお金を借りることをしていれば避けられない道となることも覚悟しなければいけないでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ